スイカは夏バテに効く!?夏バテを治す食べ物5選!

2021年5月24日

夏になると夏バテになる人が沢山います。夏バテを治す効果的な食べ物を一挙にご紹介します。
この記事でご紹介します食事をとりながら、夏バテを予防し暑い夏を乗り切りましょう!

つかさ
つかさ

こんばんは!
つかさです。最近めっぽう暑くなってきましたね。

あつーい!
暑くて何もする気がないわぁ
夏の後半は夏バテになるし

かな
かな
つかさ
つかさ

わかる!
夏になると暑くて動きたくないし、涼しいところに引きこもっていたいよ。
でも本当に夏バテになったら大変だよ!

つかさ
つかさ

今日は夏バテに効果がある食べ物を中心にお話するよ

おねがいしまーす!!

かな
かな

夏バテとは、自律神経の乱れにより身体の体温調節がうまく出来ないなどの症状が生じ、

頭痛やお腹の調子が悪くなる、全身の倦怠感などが現れることをいいます。

夏バテの原因と色々な症状

すいかの写真

夏バテは、自律神経の乱れにより身体の体温調節がうまく出来ないなどの症状が生じ、頭痛やお腹の調子が悪くなる、全身の倦怠感などが現れることをいいますが、特に胃腸の働きが弱まることで数々の症状があります。

胃腸の働きが弱くなることで、食欲不振や下痢、頭痛などを伴うことで、夜など寝苦しくなることと重なって体力が大幅にダウンします。
体力が大幅に低下することで、更に発熱やめまいなどの症状も併発します。

夏バテ解消に大事なこと

夏バテしたくないな。。
夏バテしないようにするには何が必要かな。。

かな
かな

夏バテの解消には、なんといっても体力をつけることが一番大事です。

食欲がないからといって、冷たい飲み物や冷たい簡単な食事ばかりを口にしていては体力がつかず、逆に体力消耗のもとです。

量が少なくても、しっかりと栄養のあるものを食べるように心がけましょう!

食欲を増進するために、香りの強い香辛料などを食べ物に混ぜ、食べるのも効果的でしょう。

体力をつけるためには、涼しい部屋で一日中過ごすのは厳禁です。熱中症に注意をしながら、外に出て多少の汗を流し、夏の暑さに慣れることも体力をつける上では重要なことです。

夏の暑さに慣れる、体力をつける上では外出をし汗を流すことは大事ですが

くれぐれも熱中症にならないよう、こまめな水分補給を心がけましょう!

夏バテ予防には涼しい所にいるばかりではダメなんですね!

かな
かな
つかさ
つかさ

うん。
体力をつけるために、外出して多少の汗を流すことも重要なんだ。

つかさ
つかさ

ただし、熱中症にはくれぐれも注意だね!

夏バテを治す食べ物5選!

ここからは、夏バテ予防、夏バテ解消に非常に効果のある食べ物をご紹介します。
どれも効果てきめんです。
身近な食材を使ったものから、手には入りにくいですが効果の高い食材を利用した食べ物もご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

きゅうりを煎じて飲む!

きゅうりの写真

きゅうりには、身体の熱を下げる効果があります。
そのため、夏バテによる発熱にはぴったりの野菜です。
身体の倦怠感があるときや食欲がないときにはおすすめです。

特にきゅうりには、生で食べるよりも熱を加えた方が、利尿作用が大きくなりますので、きゅうりを炒めたり煎じてまるごと飲むのがおすすめです。

キュウリを500ミリリットル程度の水で煎じて、これを朝昼晩の3回に分けて飲むと効果的です。

きゅうりは一番身近です!
きゅうりには色々な料理方法がありますものね!

かな
かな
つかさ
つかさ

うん。そうだね。
特に少し熱を加えると効果が強くなるよ!

すいかを食べる!

スイカの写真

すいかも、きゅうりと同じく体の熱を取る作用があります。そして利尿作用も非常に強いです。
すいかをそのまま食べるのも効果がありますが、お勧めは、すいかを絞って飲む、すいかジュースです。
夏の喉の渇きにもうってつけです。

ただし、胃腸が弱く冷えやすい方や腎臓病をの方は食べすぎに注意が必要です。

すいか好きです!
おいしいですよね~

かな
かな
つかさ
つかさ

でも、、
くれぐれも食べすぎには注意してね!

ゴーヤ(にがうり)を使ったゴーヤーチャンプル

にがうりを夏バテを防ぐのに効果があります。
特に胃腸が弱い方でも安心して食べられる食材です。
沖縄料理でも非常に有名なゴーヤーチャンプルにして食べるのもお勧めです。

すももは疲れをとります!

すももの写真

すももには、疲れをとる効果がある、クエン酸やリンゴ酸が豊富です。
疲れをとる事で、体力の消耗を防ぎ、結果的に夏バテ予防に効果があります。

お勧めは、すももを絞った絞り汁にお酒を少し加えて飲むことで、すももの葉酸とお酒の力で血流が良くなることで疲れを効果的にとる事が出来ます。夏バテ予防に効果があります。

すもものジュース飲みたいです!

かな
かな
つかさ
つかさ

少しだけお酒を加えると効果的だけど、あくまで少しね。。

はーい!

かな
かな

うなぎの夏バテ予防効果

うなぎの蒲焼の写真

土用の丑の日で有名なうなぎですが、体力をつける食べ物としてうなぎの蒲焼などを食べますよね。
栄養価的にも間違ってはいなくって、ビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンD、ビタミンEが豊富で、ミネラルでも亜鉛、カルシウムが多く含まれています。DHA、EPAも沢山に含まれていて、更にムチンという胃腸の粘膜を保護する成分も多く含まれています。
このように栄養が豊富な分、様々な効果が期待でき、体力の回復や、胃腸が悪くなることを防ぐスタミナ満点の食べ物です。

土用の丑の日にはぜひ、うなぎ。。食べたいですね!

食べます!食べます!
土用の丑の日には、うなぎ食べます!

かな
かな
つかさ
つかさ

。。。
そうだね。大事です!

いかがでしたでしょうか?
夏の暑い季節、夏バテでダウンなんて嫌ですよね。
夏バテを治す食べ物を食べて、熱を下げながら体力をつけ、夏を乗り切りましょう!!

つかさ
つかさ

体力つけて夏バテを防ぎましょう!

それでは、今日はこの辺で!