イチゴの効果は美容や風邪予防だけじゃないです!しみそばかすや歯周病にも効果絶大!

イチゴの効果

こんばんは! つかさです!

ひごろ見かけるイチゴ、栄養素的にはビタミンCが非常に多く含まれていることから、美容効果や風邪の予防に効果を発揮することは結構知られていますが、そのために1日にイチゴを何個食べれば、1日に必要なビタミンを摂取できるかご存知でしょうか?

答えは、イチゴを10個程度摂取すると、1日に必要なビタミンCが摂取できます。

風邪の予防や美容に効果があるだけではなく、その他にも驚きの効用があるそうです。

そんなイチゴの栄養価と効用についてご紹介します。

風邪予防や美容効果の他にしみやそばかすも防ぎます

ビタミンCの多さが特徴

さきほど書いた通り、10個程度を摂取すると1日に必要なビタモンCが摂取できます。
1個に含まれるビタミンCは75ミリグラムにも及びます。
風邪をひいた時や、喫煙家などは1本吸っただけで、25ミリグラム相当が失われるので、より多くのイチゴを食べることをオススメします。

風邪予防や美容効果、しみやそばかすを防ぎ、歯周病やウオノメにも効果があります

イチゴの効果は何があるの?

風邪の予防に!

なんと言っても風邪の予防に効果があります。
1日の摂取量を取ることで、風邪の発生を45%減少させると言われています。

また、1日の摂取量を取り続けることで、およそ90%以上の人が風邪をひかなくなるとのこと。

これって凄い数字じゃないですか!!

お肌の美容効果に!

イチゴはお肌の美容に絶大な効果があります。
特にお肌のメラニン色素が沈着するのを防ぐことで、しみやそばかすの発生を防ぎ、透明なお肌を維持することができるそうです。

歯周病の予防に!

イチゴを摂取することで、歯茎を丈夫にし歯茎からの出血を防ぎ、歯周病の予防にもつながるそうです。

ウオノメとりにも効果あり!

ウオノメにも効果があるそうですよ。
イチゴのへた部分の葉っぱを塩もみし、ウオノメ部分に刷り込むと、ウオノメとりに役立つそうですよ。

イチゴ乳液!?

イチゴは乳液にも変化するそうです!
イチゴのしぼり汁と牛乳と混ぜることで乳液にもなり、お肌の脂や表皮の汚れを落とし、お肌をさっぱりさせる効果もあるそうですよ!

いかがでしたでしょうか?

ひごろ食べているイチゴですが、よく知られている風邪や美容効果の他にも、こんなに効用があるのですね!調べてみてビックリです!

明日、イチゴ買って食べることにします!

それでは、今日はこの辺で!