ベランダの鳩よけ対策はネットで決まり!

2019年6月19日

白鳩こんばんは!つかさです。

先日から、我が家に「ハト」がやってくる様になりまして。

最初はハトの仕草や可愛らしい目が愛おしく、しばらく様子を見ていましたが、ハト被害が大きくなってきた事から対策を行いました。

巷では、色々なハトや鳥の対策方法がいわれていますが、最も効果のある方法をお伝えします。

手のひらの鳩

ハトの習性を理解しよう

対策前にハトの習性を知っておくことで対策の非常に強力な武器となります。

帰巣能力が凄い!

ハトは非常に帰巣本能が強いです。帰巣能力とはその名の通り巣に帰る能力のこと。後程説明する居心地ステップが増すほど離れなくなります。ちょっと追い払っただけでは、30分もしないうちに戻ってきてしまいます。伝書ハトもいる程で、1000キロ離れた地点からでも巣に戻ってくるともいわれています。

居座る様になる段階がある!

ハトが度々やってくる様になってから、次の段階を経て居座る様になります。つまり、ここは安心と認識して巣作りするまで次の段階があります。

第1段階 一日おき位のスパンで度々見かけるようになる

鳩が寄り付く

ハトを見かけるようになったら、それは第一段階です。ハトが事前にこの場所は安全か確認している状態です。この時点であれば、大きな音や人影を見せることで寄り付かなくなる可能性が大きいです。

第2段階 同じ場所で、良く見かけるようになる

同じ場所の鳩

第1段階から更に進んで、同じ場所で見かけるようになると、それは第2段階です。ハトは毎日同じ行動を取る場合が多く、朝、巣から飛び立ち、途中での休憩場所として毎日同じ場所で休む習性があります。この段階になりますと、大きな音などで脅かしただけでは離れなくなります。追い払ってもまた戻ってきてしまいます。ハトが嫌がる匂い物質の撃退グッズやハト除け剣山などが必要になります。

第3段階 毎朝同じ場所にいるようになる

つがいの鳩

第3段階になると、毎朝、同じ時間、比較的早めの時間に現れ、鳴き声を放つようになります。ここまでくると対策が難しくなります。また、この段階になると、比較的つがいのハトで現れることが多いです。巣作りのターゲットを定めた若しくは既に作り始めているかもしれません。ハトは外から飛んできた時に、直接巣には下りず、近くの手すりや木の枝に止まる習性があります。

ハトの巣は、人の生活圏ギリギリの所に作る事が多く、マンションなどではベランダ内のエアコン室外機側に作る事も多いです。一軒家では軒下や、屋根上の太陽光発電パネル下に作ったりします。

一度、近くに止まり安全を確認してから巣に向かいます。ですので、この一旦止まる場所にハト除け剣山を設置するのも効果的ですが一時的です。

鳩除け剣山
出典:モノタロウ

第4段階 夜間に見るようになる

この段階になりますと、夜間でも同様に見るようになります。ここまでくると、既にハトの巣作りが完了し生活の拠点にしてしまっています。

撃退はほぼ無理です。

既に卵を産んでいる可能性もあります。万が一卵を見つけた場合には、法律上、処理することが出来ずハトが巣立つまで対策は何も出来ないことになります。

最も効果のあるハト除け対策方法

冒頭でも書きましたが、最も効果のあるハト除け対策は、物理的に寄せ付けないことです。つまり、ハト除けネットを用いて、ハトを進入させない。これ一択につきると思います。

他のハト撃退グッズでは一時的な効果はあるものの、ハトも慣れてしまい次第に効果は薄れていきます。

鳩除けネット
出典:金武株式会社

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハトに一度、巣作りする場所として狙われてしまうと、第1段階から増す度に撃退が難しくなってきますので、早め早めの対策が大切です。

また、最も効果のある方法はネット設置です。この方法が一番効果があり持続できる方法です。

他の方法では一時的な対策にすぎませんので。

では、この辺で。

今日も1日お疲れ様でした!