Introduction of Kunozan Toshogu

2020年8月14日

こんにちは!つかさです。

日本の戦国武将の中で徳川家康と言えば、最も有名な日本の戦国武将です。

日本を訪れる海外の人にとって、徳川家康のお墓のある日光東照宮が有名ですが、東の東照宮に対して西の東照宮と呼ばれる久能山東照宮にも徳川家康のお墓が存在します。

今日は、有名な観光地である日光東照宮の影に隠れがちな久能山東照宮を訪れましたので紹介したいと思います。

久能山東照宮は、以前は武田信玄の山城として存在していましたが、徳川家康の亡くなった後、二代目将軍の徳川秀忠の時代に東照宮として整備されました。東照宮建設には1年7ヶ月という短工期で建設されました。

今日は、観光客にも是非一度訪れてもらいたい久能山東照宮を案内したいと思います。

Hello! I am Tsukasa.

Speaking of Ieyasu Tokugawa among the Sengoku military commanders in Japan, it is the most famous of the Sengoku military commanders in Japan.

Nikko Toshogu, where Tokugawa Ieyasu’s tomb is located, is famous for foreigners visiting Japan, but Tokugawa Ieyasu’s tomb is also found at Kunozan Toshogu, which is called Toshogu in the west, compared to Toshogu in the east.

Today, I visited Kunozan Toshogu, which is often hidden in the shadow of Nikko Toshogu, a famous tourist destination.

The Kunozan Toshogu Shrine used to exist as a mountain castle of Shingen Takeda, but after the death of Ieyasu Tokugawa, it was established as Toshogu Shrine during the time of Hidetada Tokugawa, the second shogun. Toshogu was constructed in a short construction period of 1 year and 7 months.

Today, I would like to introduce you to Kunozan Toshogu, which tourists should definitely visit.

久能山の場所 The location of Kunozan in Shizuoka Prefecture.

久能山東照宮は静岡県静岡市駿河区にあります。JR静岡駅からは東京よりになります。

参拝には久能山を海沿いの階段にて上る方法と、日本平ロープーウェイを利用して境内まで行く方法の2通りあります。

ここでは、日本平ロープーウェイを利用した場合のアクセスを紹介しましょう。

JR清水駅より、しずてつジャストライン清水日本平線(約35分)。終点「日本平ロープウェイ」で下車すると、ロープウェイ乗場入口です。ロープーウェイにて5分で境内に到着します。

Kunozan Toshogu is located in Suruga Ward, Shizuoka City, Shizuoka Prefecture. From JR Shizuoka station, it will be from Tokyo.

There are two ways to worship: climb Kunozan by the stairs along the sea or use the Nihondaira Ropeway to reach the precincts.

Let’s introduce the access when using the Nippondaira Ropeway.

From JR Shimizu Station, take the Shizu Tetsu Just Line Shimizu Nihondaira Line (about 35 minutes). Get off at the last stop “Nihondaira Ropeway” and you will reach the ropeway platform entrance. You will arrive in the precincts in 5 minutes by Ropeway.

参拝ルートは2通り There are two worship routes to Kunozan Toshogu.

久能山東照宮マップをご覧ください。



出展:https://www.toshogu.or.jp/worship/precincts.php

MAP下の「石鳥居」から階段を使って上る方法と、MAP左側の「日本平ロープーウェイ」を使って境内に入る方法があります。石鳥居から階段で上るには1159段の階段を上らなければなりません。初めての人には是非、階段を利用してもらいたいですが、体力に自信がない人は、ロープーウェイの利用をお勧めします。

階段では体力を使いますが、要所から見る駿河湾の海が最高の癒しを与えてくれます。

恐らくこの絶景を見たいために上る人もいるかと思います。

写真でお見せしたいですが、この絶景は是非、ご自分の目でご確認ください。

There are two ways to go up from the “Ishitorii” below the map using the stairs, and the “Nihondaira Ropeway” on the left side of the map to enter the precincts. To climb the stairs from Ishitorii, you have to climb 1,159 steps. We would like to recommend the first person to use the stairs, but if you are not confident in your physical fitness, we recommend using the ropeway.

You will use your physical strength on the stairs, but the sea of Suruga Bay from the point of view gives you the best healing.

Perhaps some people climb to see this superb view.

I would like to show you in the photograph, but please check this superb view for yourself.

ロープーウェイにて東照宮へ Take the ropeway to Toshogu.

日本平ロープーウェイ駅から久能山駅まで5分です。往復料金は、大人1,100円(子供550円)です。

乗り場からの景色も素晴らしいです。

海と山のコントラストが良い感じです。駿河湾も見ることが出来ます。

中間点には他方からのゴンドラとすれ違います。現在のゴンドラは6代目だそうです。

右手に見えるのは、名物のイチゴ畑のビニールハウスです。なんと全長8kmも連なっているそうですよ。

さらにには御前崎を始めとする焼津市を見ることが出来ます。

そうこうしている内に、久能山駅に到着です。

久能山駅到着の直前には左手に武田信玄が治めていた時代の久能山城の二の丸の石垣を見ることが出来ます。

It takes 5 minutes from Nippondaira Ropeway Station to Kunoyama Station. The round-trip fare is 1,100 yen for adults (550 yen for children).

The view from the platform is also wonderful.

I feel the contrast between the sea and the mountains is good. You can also see the Suruga Bay.

At the midpoint, it passes the gondola from the other side. The current gondola is the sixth generation.

On the right is a famous strawberry field greenhouse. It seems that the length is 8km.

Furthermore, you can see Yaizu City including Omaezaki in the back.

In the meantime, we will arrive at Kunozan Station.

Immediately before arriving at Kunozan Station, you can see the Ninomaru Ishigaki of Kunozan Castle on the left when Shingen Takeda reigned.

チケット、おみくじ売り場と御朱印をいただく場所 Tickets, omikuji counter and place to get red stamp.

駅を出ると、目の前には駿河湾の景色がご覧頂けます。また隣には休憩できるベンチが並んでいます。

また、おみくじを売っている場所や、御朱印、東照宮へ入るチケット売り場も、この場所にあります。

ここでは、徳川家康の35歳前後に採ったと言われる手形が売られています。初穂料は1,500円(JPY)で売られています。私も思わず買ってしまいました。

御朱印もこちらで頂くことが出来ます。通常の御朱印と今なら(2020年)特別な御朱印も頂くことが出来ます。こちらの特別御朱印は特別な和紙を使用しているとの事で、紙での配布となっています。

記載内容を引用すると、

・”Kunozan Toshogu” The name of this Sintoshurine

・”Houhai” Proof of the worship

・”Surugano-kuni” The name of old days of Sizuoka

・”Reiwa” Japanese era name

・Today’s date

写真の左側は参拝受付(チケット売り場)です。

ここで拝観料を納めます。拝観料は大人500円、子供200円です。

When you leave the station, you can see the view of Suruga Bay in front of you. Next to it, there are benches where you can rest.

You can also find a place for selling omikuji, a red stamp, and a ticket office for entering Toshogu.

Here, the bills that Ieyasu Tokugawa is said to have taken around 35 are for sale. The initial charge is 1,500 yen (JPY). I bought it without thinking.

You can also get a red stamp here. You can get a normal red stamp and a special red stamp now (2020). This special red stamp uses special Japanese paper, so it is distributed on paper.

The left side of the photo is the worship reception (ticket office).
Pay the admission fee here. The admission fee is 500 yen for adults and 200 yen for children.

境内へ To the precincts.

それでは、境内を歩いていきましょう。

久能山の自然がすごく気持ち良いです。

門をくぐって反対側には、徳川家康の手形があります。

38歳の時の物だそうです。手形の大きさから、推定身長は155cmから159cmだそうです。

この手形の色紙は先程のお守りが売っている所で1,500円で購入することが出来ます。

しばらく境内を歩くと手水舎があります。手水舎では手と口をすすぎ、身を清めます。

今回は写真の通り、手のみお清め下さいとの事でした。COVID19の影響でしょう。

また奥には、神馬もいました。神のお使いである神馬の代わりとなるのが絵馬です。

ここでは、縁結びや子授け、安産、無病息災のご利益があるとのことです。

右手奥にはこの様な鳥居があり、進んでいくと、左手には稲荷神社、右手には厳島神社が祭られており、ご利益を得ることが出来ます。

さらに進むと、かつては存在した5重の塔の跡地を見ることが出来ます。

Now let’s walk through the precincts.

The nature of Kunozan is very pleasant.

There is a handprint of Ieyasu Tokugawa on the other side of the gate.

It seems that it was when he was 38 years old. Based on the size of the handprint, the estimated height is 155 to 159 cm.

You can purchase this handprinted colored paper for 1,500 yen at the place where the amulet was sold.

If you walk in the precincts for a while, there is a waterhouse. Rinse your hands and mouth and cleanse yourself at the waterhouse.

This time, as you can see in the picture, please cleanse your hands only. It may be the influence of COVID19.

There was also a horse in the back. The ema is an alternative to God’s god, the horse.

Here, there are benefits such as marriage, child-rearing, easy delivery, and illness.

There is such a torii in the back of the right hand, and as you proceed, Inari Shrine is on the left and Itsukushima Shrine is on the right, so you can make a profit.

If you go further, you can see the site of the five-storied tower that once existed.

東照宮にプラモデル? There is a plastic model in Toshogu.

何故かプラモデルがたくさん奉納されていました。何故だろうと見てみると、ちゃんと理由がありました。

その昔、この東照宮を建設した職人達が、東照宮建設後、駿河の地で、木製の教育教材や玩具を作るようになり、やがて昭和の時代に入るとプラスチックを使用したプラモデルへと進化していったとの事です。現在の静岡には数多くの有名プラモデルメーカが存在しています。

重要文化財と国宝の本堂へ To the main hall of important cultural property and national treasure.

さらに進むと、重要文化財である日枝神社があります。

その奥には国宝の本殿、石の間、拝殿があります。

絵馬を奉納する場所は、この本殿の前にあります。

本殿の参拝場所は非常に豪華なつくりとなっており、圧倒されます。

他の神社にはない豪華さを見ることが出来ます。

For some reason, many plastic models were dedicated. When I looked at the reason, there was a reason.

A long time ago, the craftsmen who built this Toshogu began to make wooden educational materials and toys in the area of ​​Suruga after the construction of Toshogu, and eventually in the Showa era, it evolved into a plastic model using plastic. It was said that. There are many famous plastic model makers in current Shizuoka.

If you go further, you will find Hie Shrine, an important cultural property.

The main hall of the national treasure, the stone hall, and the worship hall are in the back.

The place to dedicate the votive panel is in front of this main hall.

The place of worship in the main shrine is very luxurious and overwhelming.

You can see the luxury that other shrines do not have.

徳川家康の墓所へ To the graveyard of Ieyasu Tokugawa.

本殿左側には徳川家康の墓所がある神廟(しんびょう)と呼ばれる通路へ続きます。

さらに奥に続きます。

その先には、徳川家康の墓所があります。

この墓所は西向きに建てられています。神は東を向いて鎮座しており、鏡を通じて我々を見ていますが、神と同じ東を向くわけにはいかないとの事で、西向きに建てられているそうです。

東照宮の遺訓も残されています。

最後に、今回、元号の令和を記念した特別御朱印を頂きました。通常の御朱印と使用している和紙などが異なっている様です。ちょっと普通より紙の厚さがある紙を使用している様です。

通常の御朱印も合わせて頂くことが出来ますが、以前、頂いているので、今回は特別御朱印のみ頂きました。

To the left of the main hall leads to a passage called Shinbyo, where Tokugawa Ieyasu’s tomb is located.

I will continue further.

Beyond that is the Tokugawa Ieyasu Tomb.

This graveyard is built westward. The god is facing the east and is sitting there, looking at us through a mirror, but it seems that it cannot be facing the same east as the god, so it seems that it is built west.

There are also lessons learned from Toshogu.

Finally, this time, we received a special red stamp to commemorate the era’s Riwa. It seems that the normal red stamp and the Japanese paper used are different. It seems that you are using paper that is a little thicker than normal.

You can also order a regular red stamp, but since I had received it before, I received only the special red stamp this time.

最後に   Finally

如何でしたでしょうか?

普段、日光東照宮が全国的にも有名ですが、久能山東照宮もなかなかのものです。是非一度、久能山東照宮を訪れてみては如何でしょうか?

ちなみに、今回の取材の前週には日光東照宮を訪れています。

こちらの模様も別途公開していきます。

How was it?

Nikko Toshogu is usually famous all over Japan, but Kunosan Toshogu is also quite popular. How about visiting Kunozan Toshogu once by all means?

By the way, I visited Nikko Toshogu Shrine the week before this interview.

This pattern will also be released separately.