汗っかきを治す方法は身近な食材にあり!

2021年5月7日

こんばんは! つかさです!

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

5月ともなると、日中でも25度を超える夏日も多くなってきました。

しかし、夜は肌寒い日もあったりで、寒暖差による風邪などひかぬようお気をつけください。

そんな日中の気温の高い日やスポーツなどを行っているときや、風邪などで熱が出て下がり始めるときなど、たくさんの汗をかきますよね。

今日のブログですが、汗について書いていきます。

汗は誰でも出るものであり、汗をかくこと自体は正常なことです。

しかし普通の人より汗の量が非常に多い人がいます。

俗に言う多汗症と呼ばれているものです。

なぜ多汗症になるのかの原因と多汗症を改善する身近な方法を紹介します。

汗っかきの原因は体質によるもの!?

汗をかくこと自体は生理現象でもありごく普通のことです。

身体から水分を汗として蒸発させることで体温の調節をおこなっているからです。

また緊張したり驚いたりして汗が出ることもごく普通の生理現象です。

汗の分泌を促す発汗中枢を制御しているのは、脳にある温熱中枢ですが、外気温や緊張などの外的刺激を受けると汗がでるようになっています。

ですが、ときに汗の量が多く不快に感じる人がいます。


これがいわゆる多汗症と呼ばれるのですが、これら多くの場合、生まれつきの体質によるもので心配はいらないようです。

しかし、たくさんの汗をかくと不快であり通常は制汗剤を使用して汗を抑えたり、場合によっては発汗神経のブロックを行う治療を行うことで抑える治療方法もあるようです。

多くの場合は心配いらないとはいえ、病的なものもあるので注意しましょう。

微熱やだるさが続く場合には病院で診察してもらいましょう。

身近な食べ物で体質改善しましょう!!

そんな不快に感じる多汗症ですが、制汗剤や治療などにより改善は見込めますが、身の回りにある食べ物で体質を改善しませんか?

多汗症を改善する食材はズバリ「小麦」です!!

小麦には身体の熱をとる作用があります。

他にものどの乾きを抑える効果があることも知られており、薬として精神安定剤にも使用されているとのことです。

緊張や驚きなどによる発汗や、自律神経失調症でなどで少し動いただけで汗が出る人に大変効果があります。

これからの季節、冷たいうどんなどを食べてはいかがでしょうか?

また、体力に自信のない人はナツメも一緒に食べると良いそうですよ。

調べたところでは、小麦にナツメを加えた煮物が良いそうですよ。

もうひとつ、オウギが汗が出るのを抑える効果があるようです。
オウギは中国料理でスープや、漢方薬にも使用される食材です。

オウギには利尿作用や滋養強壮に効果があり、血液をサラサラにする効果があります。

またそれに加え生還作用にも効果を表します。

小麦は熱をとる効果があります
ナツメには精神不安を取り除く効果があります

いかがでしたでしょうか?

小麦には汗を抑える効果があることに驚きです!

うどんなどを食べ体質が改善されると良いなと思っています。

それでは今日はこの辺で!