なぜ豊臣秀吉は将軍にならなかったのか?

この記事では、太閤さんと親しまれている豊臣秀吉が将軍にならなかった理由が解ります。
ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

つかさ
つかさ

こんばんは!
つかさです

今日は何を教えてくれるのですか〜

かな
かな
つかさ
つかさ

今日は
「なぜ豊臣秀吉は将軍にならなかったのか?」
その理由に迫っていくよ

そう言えば。。
将軍ではなく太閤さんって呼ばれていますよね

かな
かな
つかさ
つかさ

秀吉は、以前は朝廷から関白の地位をもらっていて、
退いた後に太閤の地位になったんだよ

へ〜
勉強になりますね

かな
かな

秀吉は「将軍」になりたくてもなれなかった!

豊臣秀吉は、本音は将軍になりたかったのだが、なれなかったというのが本当のところのようです。

本来、武家が政権をとるためには、公家となった上で太政大臣になるか、征夷大将軍になる必要があります。
聞いたことがある名前といえば、源頼朝は征夷大将軍となったことがあります。
征夷大将軍になることが出来れば、幕府を開くことができます。
また、平清盛のように公家になり太政大臣まで上り詰めた例もあります。

なぜ秀吉は将軍になれなかったのか?

前述の通り、秀吉は将軍になりたかったのは事実です。
しかし、秀吉は農民の出身であることは広く知られています。いわゆる最下層の生まれであることです。

そんな最下層の生まれである秀吉は、運を掴んで出世を果たし天下統一を成し遂げた事は、あまりにも有名な話です。

しかし、天下統一当時から生まれが低いことは知られていたようです。

そのために、天下統一を果たした以降も、武家の棟梁である源氏や公家を名乗ることができず、太政大臣や征夷大将軍の地位は得られなかったのが真相のようです。

豊臣秀吉が「太閤さん」と呼ばれる訳

「太閤さん」と呼ばれて親しまれている豊臣秀吉ですが、一体なぜ、太閤さんと呼ばれるようになったのかご存知でしょうか?

太閤とは朝廷から与えられる地位なのですが、秀吉はその昔は太閤ではなく関白という地位と与えられた際に、同時に「豊臣」という姓を与えられています。
その後、秀吉の子供が関白を継承したことで、秀吉は太閤という座につきました。

その太閤の名前が広まり「太閤さん」と親しみを込めた呼ばれ方をするようになりました。

へ〜〜そんな歴史があったのですね

かな
かな
つかさ
つかさ

歴史を紐解いていくと、面白い事実や意外な事実があったりしますね

秀吉は将軍になりたくてもなれなかった理由はそこにあったんですね

かな
かな

織田信長も将軍にはなれなかった?!

ちなみに織田信長も将軍にはなれませんでした。

理由としては征夷大将軍になるには源氏しかなれないという決まりがあったからとされています。
信長は平氏を名乗っていたため、征夷大将軍にはなれなかったとされています。

しかし最近の研究では、当時は源氏しか征夷大将軍になれないということはなく、その様な決まりはなかったとされる研究家も多いです。


信長も征夷大将軍にならなかったわけ

源氏しか征夷大将軍にはなれなかったというのは俗説のようですが、では何故、信長は征夷大将軍になれなかったのか?
結論から言うと、断ったと言うのが真相の様です。

朝廷から将軍の職を打診されたが断ったと言う記録も出てきている様です。

えっ
断ったんですか?

かな
かな
つかさ
つかさ

うん
その様な記録も出てきているみたいだよ

何故断ったのか?

理由は、朝廷の権力を認めていなかったのが理由とされています。

将軍とは、天皇を守る仕事であり、天皇にとって代わろうとした信長にとっては、認めたくなかったでしょうし、必要ではなかったのかもしれません。

将軍という地位は、天皇を守る家臣であることを意味し、その地位が固定されてしまうことを、拒絶したかったのかもしれません。

いや〜〜
そんな事実もあるとは。。

かな
かな

なんか、歴史を紐解くのは楽しいですね!

かな
かな

いかがでしたでしょうか?

豊臣秀吉や織田信長が将軍になれなかった理由がお解りになったかと思います。

それでは、今日はこの辺で!

おやすみなさ〜い!!